1 昔遥けしかしこくも 時の帝の御庭に

  のみのすくねと けはやとが 金剛力を競いける

  げにや相撲は 日の本の ゆかりぞ深き国の技

2 心雄々しく身をきたう 国に伝わるこの技に

  母校の栄の幾度か 起せよ相撲いやに更に

  かけ声高く天をつけ 我は山田の健児なり

3 土の香ゆかし汗とうとう 肌は黒がねそれのごと

  大地を友にみがきつつ 知恵の操と並び立つ

  よき国民とわれならん  良き民草と我ならん



戻る